減価償却の計算

|サイトマップホーム|

有形資産、無形資産の定率、定額で減価償却計算が出来ます。

有形固定資産 無形固定資産              定率法 定額法
取得額円、耐用年数 年     

定額法の期間償却費の額は「(取得価額 ― 残存価額) ÷ 耐用年数」 で求めます。
法人税法・所得税法では 「1 ÷ 耐用年数」を償却率とし、「(取得原価 ―残存価額) × 償却率」で期間償却費の額を求めます。

定率法の期間償却費の額は「簿価 × 償却率」で求めます。
償却率は「1 ― (耐用年数)√(残存価額 ÷ 取得価額)」で得られます。(無形固定資産の場合は定額法のみ)

有形固定資産:残存価格は取得額の10%、償却可能限度額は取得額の95%
無形固定資産:残存価格はゼロ(0)、償却可能限度額は取得額



サイトマップホーム