フイルタ

|色調変更ヒストグラムフイルタサイトマップホーム

 
     
     
  

3×3のフイルタを用いて画像の補正

画素G0~G8、夫々の階調値をQ0~Q8とし、夫々の画素に対するフィルタの値をF0~F8とする。

中央の画素G4は注目する画素で、G4のフイルタ処理後の値は次の計算式で計算する。

                    (Q0XF0)+(Q1XF1)+・・・+(Q7XF7)+(Q8XF8)
G4(フィルタ処理後の階調値)=---------------------
                          (F0+F1+・・・+F7+F8) 

フイルタ処理する場合、画像の外周画素は注目する画素(G4)を基準とした場合、G4以外の画素が外側に出てしまうため、
処理はしない。また、処理後の階調値が0~255の範囲外であれば、0以下の場合は0、255以上の場合は255に補正する。


画像の平滑化




画素毎の階調差をなくし、滑らかな画像にする。
画像のノイズを取リが可能であるが、反面、画像のシャープさが失われ、ボケてしまう。


エッジの強調




エッジを強調する事により、はっきりと他の部分と区別でき、画像中の図形を識別できる。
水平方向フィルタは水平方向に階調値が大きく変わる縦方向の線や、エッジが強調される。
垂直方向フィルタは垂直方向に階調値が大きく変わる縦方向の線や、エッジが強調される。

輪郭の強調


縦・横・斜め全ての方向に向いたエッジを強調するラプラシアンフイルタがある。
4近傍と8近傍のフイルタがあり、輪郭抽出の精度は8近傍の方が高い。

 

h51602

|色調変更ヒストグラムフイルタサイトマップホーム